風水において最も重要な要素、それが方位です。一説によると、かの有名な陰陽師、安部清明も、風水と方位の関係に着目し、様々な神社仏閣を建立させたといわれています。つまり当時は、国の命運をコントロールするほどのものとして、風水と方位の関係が極めて重要視されていたのです。ひるがえって現代の状況を見ると、家庭における風水学というものが根付きつつあります。規模こそ小さいですが、これは風水が庶民の生活に根を下ろしていった結果といえるでしょう。家庭で風水を実践する場合、まずは吉となる方位、凶となる方位をそれぞれ調べてみてください。万が一好ましくない間取りや部屋の位置関係があったとしても、慌てる必要はありません。風水には好ましくない気を退ける様々な対策が存在します。特に飲食店を経営されている方や会社のオーナーをなさっている方は、自分の所有する不動産がどういう方位にあるのか、入念にチェックしてみてください。あるいは風水が商売繁盛に結びつくかもしれません。


  ⇒続きを読む