女性経営者にはそれぞれ強み、弱みがあります。女性関連のマーケット、美容や育児関連におけるビジネスでは女性経営者独特の感性が活きてきます。ユーザーである女性の声に耳を傾け、その要望を商品に反映する、こうした一連のプロセスは女性経営者ならではの繊細なマーケティングを要求します。しかし一方で、女性経営者に対する偏見が根強く残っているのも事実です。株価の変動を分析していくと、時として女性経営者の企業が伸び悩むというケースを目にします。女性経営者はそれらの逆境を跳ね返すだけの強靭な精神力、類稀なる経営者としての資質を兼ね備えていなければなりません。今後、社会情勢の変化に応じて、女性経営者はますます数を増やしていくことでしょう。その際に、女性にハンデを課してしまっては、優秀な人材を生殺しにする事にもなりかねません。市場が男性中心主義をいかに克服するか、優れた女性経営者誕生の課題は、資本主義社会の抱えた大きなテーマともいえそうです。


  ⇒続きを読む