経営再建にあたっての経営指導が盛んに行われています。大手企業に対して行われる国政レベルの経営指導、破産手続きを行った商店に対して弁護士が行う経営指導、規模は様々ですが、どの経営者にとっても経営指導こそが最後の生命線であることに変わりはありません。場合によっては莫大な赤字を抱えていた企業が1年足らずで再建するケースもあります。それほどにプロの経営指導とは効力を発揮しますから、経営に行き詰った場合は税理士や経営指導員に相談してみましょう。社長たる経営者が経営指導を仰ぐのは勇気のいる行動です。しかし、その勇気によって何十人、何百人という社員とその家族が救われるのだということを、常に念頭に置いておきましょう。不況が加速すると、経営指導こそが最後の砦となります。行政による全面的なバックアップが待たれるところです。


 ⇒続きを読む