転職後、飲食店の経営を始める方が急増しています。おそらく、就職難と一見したところ簡単に利益を上げられそうな飲食店のシステムが、その理由といえるでしょう。しかし飲食店の経営は簡単なものではありません。例えば10件の飲食店がオープンしたとして、10年後も開業している飲食店となると1件に満たないでしょう。飲食店の経営に際しては、人事、経理、生産、販売、全ての役割を経営者が担うことになりますし、他店との競争も非常に厳しいものとなります。絶対に儲かる、という確信があって、それでようやく黒字になる可能性が50パーセント、その程度に考えてください。もしかしたらいけるかも、その程度の飲食店には、まずお客が集まりません。飲食店の経営は、大変に厳しいものだという認識に立ち、それでも失敗する要因が見つからない、おいしいメニューを出す自信が揺らがない、徹底した準備を整えている、こうした結論にたどり着いたのであれば、飲食店の経営を始めてみましょう。

  ⇒続きを読む